店舗のデザインがお店の雰囲気とお客様の雰囲気を決める!

お客様の視点から考える店舗デザイン

すべてのお客様は最初は一見さんです。ですからお客様がお店に抱くイメージはお店のデザインから想像したり連想したりして作られます。店舗デザインが重要な理由はここにあります。ネットなどでお店の情報を仕入れてから入店するお客様でなければ最初は外観のデザインから自分に合っているお店かどうかを判断します。例えばジーパンをはいている人が高級なお店に入店するには不似合いな感じがしますが、当人も楽しむというよりは場違いな感じをするものです。同じようなことが味や価格にも言えますが、お店の雰囲気をお店の前を通る人に伝える役割が店舗デザインにはあります。外観はもちろんですが、内装も同様です。店内に一歩足を踏み入れた際に受けるイメージでお客様は自分に合っているお店かを判断するものです。

経営側から考える店舗デザイン

経営側という立場はお客様への気配りもそうですが、同じくらい働いている人への気配り配慮が大切です。これは単なる従業員への配慮だけではなくコストという側面もあります。つまり、働きやすい環境を構築することが経営者にとって最も重要なことを意味しています。例えば従業員にとって働きやすいとは動きやすいという意味になります。デザインと言いますと店内の飾りとか壁に掲げている絵画などを思い浮かべますが、それ以外にも動線というものがあります。これは従業員の動きを表すものですが、無駄な動きをしなくて済む店舗デザインは少ない人員でお店を運営できることですので経費削減につながります。経費節減が経営に有効なことは言うまでもありませんが、店舗デザインを工夫することは従業員と経営側の双方にとって重要なことです。

店舗デザインによって店全体のイメージは大きく変わり、集客力も変動します。人気店を目指すなら、専門家に相談してみるのがおすすめです。