戸建て住宅に住みたい! 注文住宅と建売住宅どっちがいい?

すぐに新生活を始められる建売住宅

建売住宅は、建築ずみの状態で販売されている住宅です。庭や門扉などは未完成の場合もありますが、建物は完成しているので購入手続きをすればいつでも新生活を始められます。また、購入を検討する段階で、図面や模型ではなく実際に住む家を見学できるのも大きな特徴です。周辺環境をふくめて見学できるので、その住宅での生活をリアルにイメージできるはずです。中古の戸建て住宅をリフォームして販売する事例をふくめると、建売住宅は住宅の供給量が豊富です。住みたいエリアが決まっている場合は、建売住宅を優先的に検討するとよいかもしれません。

住む人の理想をかなえる注文住宅

注文住宅は、ハウスメーカーとの付き合いが住宅の設計図を作成するところから始まります。どんな間取りの家を建てるのか、どこに建てるのか、根本的なところから決められる住宅です。土地の広さや予算などの制約はありますが、間取りは自由に設計できます。間取りだけではなく設備も自由に導入可能で、床暖房やミストサウナなどは人気の設備です。住宅設計の知識がなくても安心で、ハウスメーカーが提案するプランを部分的に変更するだけでもかまいません。「注文住宅は多額の予算が必要」と思うかもしれませんが、必ずしもお金がかかるとは限りません。ハウスメーカーと相談すれば、予算を抑えた設計も可能です。土地の地盤改良が必要になるなど、予想外の費用がかかる場合も考えられるので、予算をしっかりと把握して住宅の設計を進めましょう。

国立の戸建ては、駅前を中心に地価が上昇していることもあり、快適な生活を過ごせるだけでなく、資産としての魅力もあります。